将来の不安を解消するためにも介護保険法の概要を知ろう

介護の負担を軽減するための公的社会保険

介護保険が導入され5年後ごとに見直されてきて、今ではなくてはならない制度になってきています。この介護保険は、介護を受ける人の経済的な負担を和らげたり、どのような介護メニューを受けるのが効果的か等のアドバイスを受けることで安心できると同時に、介護をする側の負担も和らげようという狙いがある制度です。また、介護が必要な人だけでなく、リハビリ等をしないと将来的に介護が必要になりそうな人もそうならないようにするサポートも含まれている制度です。介護される側、する側両方にとってありがたい制度だといえるでしょう。

介護保険の被保険者は二種類ある

介護保険の被保険者、つまり保険料を払う人は二種類います。65歳以上の人が該当する第1号被保険者と40歳以上65歳未満の人が該当する第二2号被保険者の二種類です。ともに保険料を支払う義務はありますが、給付を受ける権利には大きな差があります。第1号被保険者は、交通事故であれ病気であれ介護が必要になれば給付を受けられますが、第2号被保険者はアルツハイマーによる痴呆等一定の老化に関わる病気以外の場合は給付対象となりません。この点は知っておくといいでしょう。

介護保険の給付を受けるには?

介護等が必要になって介護保険の給付を受けたいという場合には、市町村に申請をします。そうすると自宅まで職員と専門家が訪問して調査を行いますが、調査では普段通りの行動をとることが大事で、介護を受ける側がどの程度負担なのかという観点でも見ています。体力測定ではないので、頑張り過ぎないことが大切です。認定調査が完了すると、介護が必要(5段階)か要介護といって介護予備軍(2段階)か非該当かの結果を知らされます。介護認定されると介護費用の自己負担が1割で済む等のサポートがありますので、該当すると思われる時は、申請をするといいでしょう。

介護の求人は無資格でも応募をする事が出来ますので、未経験、無資格でも求人に応募をする事が出来る事が多いです。