保育士になるには?そんな疑問にお答えします

保育士の魅力って何だろう

親戚の子どもや友人の子どもと話したり遊んでいたりすると、とても幸せな気分になりますよね。小さい子どもというのは心を癒してくれますので、たとえ自分の子こどもで無くても一緒にいて楽しいものです。そんな風に子どもに癒しを求めてしまう人ならば、保育士として働くのに向いているかもしれません。保育士は子どもたちと遊ぶだけでなく、一緒に色々な事を学ぶことができますので、やりがいもひとしおです。あどけない子どもたちの笑顔を見れば疲れも吹き飛んでしまうことでしょう。

まずは資格を取りましょう

保育士になるためには資格が必要です。資格取得には、厚生労働大臣が指定する大学や短大・専門学校などの指定保育士養成施設に進学してその課程を修了する方法と、国家試験を受験して合格する方法があります。それぞれかかる時間や費用など、さまざまなメリットやデメリットがありますので、自分に合った方法で取得してみましょう。働きながら学校へ通うのは難しいですし、費用の関係で国家試験を受験する方法を選ぶ人も多いと思いますが、かなり頑張りが必要ですので覚悟して勉強しましょう。

働くために求人を探そう

晴れて保育士資格を取得できたなら、働くために求人を探さなくてはいけません。求人情報サイトやハローワークなど、さまざまな方法で探すことが可能です。最近では、保育士向けの専門求人情報サイトがありますので、上手く活用することをおすすめします。また、働きたいと思っているホームページに求人広告が載っていることもありますので、こまめにチェックした方が良いですね。色々な職場がありますので、まずは応募してみることが大切です。

保育士の求人を探しているならば、求人サイトを閲覧して、希望の所在地や労働形態を明らかにすることが大切です。