保育士さんの免許を取ろう!保育士試験に挑戦!

保育士試験てこんな試験です

保育士試験は国家資格です。8科目の筆記試験と実技試験に合格すれば、あなたも保育士さん!でも科目数も多いし、なんだか大変そうって思うかもしれませんね。でも、科目合格が有効で、3年間かけて全科目合格すればOKなんですよ。子どものころの夢に「保育士さん」と書いた女性の人も多いはず!今では男性の保育士さんのニーズも高まっているので、ぜひとも保育士試験にチャレンジしてはいかがでしょうか?試験は年に1回、筆記試験が8月、実技試験が10月で、出願は4月です。

どんな内容を勉強するのか

筆記試験は全部で8科目あり、栄養学から法律まで大変幅広い知識が求められます。どの科目から着手しなければならないという決まりはありませんが、「法律系」「福祉系」「栄養・保険系」と大きく3つに分けられますから、自分の興味のある分野からチャレンジするのが良いでしょう。実技試験は音楽・造形・言語の3分野から2つを選択する形なので、苦手なものを消去法で削る、という方法もよいでしょう。ピアノやギターが苦手、弾けないひとは、造形と言語を選ぶ、といった感じです。

勉強はどのくらい必要なのか

短い人は半年程度の勉強で、全科目合格される方もいますが、たいていは働きながらだったり、家事をしながら勉強をしますから、2年は見ておいた方が良いでしょう。通学のスクールや通信講座などを利用して効率的に学習できれば、1年での合格も夢ではありません。法律などは毎年改正がありますから、なるべく短期間で合格するに越したことはありませんね。なお、実技試験の対策は、筆記試験が終わってからスタートする人がほとんどのようです。

子どもを出産してすぐ働く女性も増加傾向にあることから、都心部をはじめとして保育園の数が増えているので、保育園での求人は増加傾向にあります。