就職活動の心構えは30分前行動を忘れずに!

就職活動で重要な心構えについて

就職活動で重要な心構えの一つは時間を意識することです。なぜなら、社会人となった後も時間管理は常に付きまとう問題であり、身につけることが必須のスキルだからです。例えば、通勤、打ち合わせ、会議、スケジュール管理、納期など決められた時間でタスクをこなすことが求められます。これができないと最終的には誰からも信頼されなくなり、仕事が大変辛いものとなります。就職活動のうちから常に気にしながら行動することが大切です。

心掛けは30分前行動

まず、就職活動中であれば30分前行動を心掛けるようにしましょう。最近では、携帯アプリにより地図が簡単に確認できるようになりましたが、それでも知らない場所へ行くと道に迷うことがあります。遅刻をすることは最大のタブーであり、どんなにあなたがすばらしかったとしても、最悪の印象が相手に伝わってしまうことになるのです。例え、電車が遅延したり、不慮の事故があったとしても担当の方には、たった一回の約束も守れない人間なんだと思われしまうのです。何が起こっても対応できるように30分前行動を心掛けましょう。

一息つく余裕を持とう

30分前行動と聞くとさすがに早すぎると思うかもしれません。しかし、早く着きすぎて困ることなどありませんし、逆に一息つく余裕を持って行動をするべきだと思います。例えば、会社の側のお店へ入って、自分が就職したらここで食事を取るのかと想像を膨らませたりするといいですね。そんなささいなことが面接の時の他愛のない雑談で役立つこともあります。面接の担当者に当社で働く意欲があることや、視野を広く持っている点をアピールできたりするのです。

新卒紹介のサービスに登録をすると条件別に企業と学生のマッチングをするので希望の条件で見つけられます。