IT化が進む介護施設!本当に必要な介護システムはどれ?

IT活用の必要に迫られる介護施設

ITを活用することによって仕事の効率化を行っていくのは現代のトレンドとなっています。その影響は介護業界にまで波及しており、今や介護システムを導入したり、介護ソフトを活用したりすることがスタンダードになって来ています。この背景には介護報酬請求に際して伝送か磁気媒体による請求が基本となったことから、介護情報について電子化して取り扱うということが現場での必要事項となっているからです。国の主導によってIT活用の必要に迫られているのが介護業界なのです。

介護システム導入の功罪

介護システムを導入してうまく活用していくことができれば様々な仕事の効率化が実現できるということは容易に想像できることです。情報共有が容易になったり、情報入力作業の重複を避けられたり、場所を問わずに情報を参照できたりと得られるメリットは大きいのが事実です。しかし、IT化が進むことによって情報技術をある程度扱えることが介護従事者の要件となってしまいます。現場では人材不足に苦しむことが多い介護現場においては情報技術を扱えるという縛りを増やしたくないのが事実であり、その点が結果的にネックになってしまうおそれがあるのです。

本当に必要な介護システムとは

介護施設において全面的に介護システムを導入することは人材不足を加速させてしまう懸念があります。しかし、介護報酬請求の際には情報化が不可欠であることから、その部分についてITを活用するという選択をするのが好ましい方法でしょう。伝送による申請は簡便であるという点に着目しても伝送が可能な介護システムを導入し、介護報酬請求にかかわる部分だけをIT化し、介護事務の担当者にのみ情報技術に長けていることを要求するようにすれば現実に適うシステムになるのです。

介護の派遣は無資格でも高待遇で働く事が出来る仕事として、現在では多くの方が注目をしている現状にあります。