ワーキングマザーの働き方はひとつではない!!

自分スタイルをみつけよう

ひとくちに子供を産んで、育てながら仕事を続けていくといってもその働き方にはさまざまなカタチがあります。人の経験談を聞くと意外とこいうことでよかったんだと思えたりするものですが、それは誰かに用意されたものではないですから、自分なりの働き方を、自分自身でみつけていくことが大事でしょう。もちろん、一度決めたらずっと続けなければならないものではないので、子供の成長や自分の体力などに合わせていくらでも変化させられるものなのですよ。

最初はみんな不安なのは当たり前

そうはいっても、自分には他の人のようにバイタリティも特別なスキルもない、あるいは勤めている会社に育児休暇を取っている人がいない、復職して周りの人に迷惑をかけたくないなど、腰が引けてしまうものですよね。実際に経験のある先輩ワーキングマザーも最初は不安いっぱいの挑戦で、不安なく挑戦した人はほとんどいない中、それを乗り越えて、自分らしい働き方をみつけています。また、そこにたどり着いた人の共通点とは、自分はなぜ働くのかが明確だった点にあるのですよ。

なぜ働くかを明確にしよう!

特別なスキルもなく、恵まれた環境にもなかったワーキングマザー達が乗り越えられたのには、シンプルに仕事が好きだから、働くのが好きだから、築いてきたキャリアを継続したいからという働く理由が明確なものであったそうです。他にも、夫の給与だけでは経済的に厳しいから、子供との間に適度な距離を保ちたいからという理由などもあります。子供を産んでからも仕事を続ける理由をぞれぞれに明確に持っており、それが強い意志でなくても、理由を曖昧にしないことが自分らしい働き方をみつけるために何よりも大事なことといえるでしょう。

パートをしている主婦は多くいますが、主婦のパートでは、子供が学校に行っている間にできる短時間のパートが人気です。